スクール・エイド・ジャパン(SAJ)公益財団法人 School Aid Japan (スクール・エイド・ジャパン)

SAJの思いとこれまでの実績

School Aid Japan(SAJ)では、「一人でも多くの子どもたちに、人間性の向上のための教育機会と教育環境を提供する」という活動方針のもと、カンボジア、ネパール、バングラディシュなど開発途上国の子どもたちへの支援を行っています。
※現在までの支援実績は下記の表をご覧ください。
貧困から抜け出すには教育が不可欠、教育を受けるには、学校はもちろん教師の確保や教材が不可欠。さらには毎日学校へ通うためには、子どもが働かなくてよい状態づくりや食事が不可欠・・・など、次々と目の前に出てくる課題に対して、その都度、出来る限りの必要なものを支援してきました。
活動の幅は、学校建設・学校運営・就学支援・食の支援・孤児院事業・就労支援(農業)に加え収益事業や東日本大震災支援までと広がっています。ひとつひとつは砂に水を撒くような活動ではありますが、一人でも救いたい、一人でも未来を背負って立つ人になって欲しい、と活動を続けています。
みなさまのご協力をお願いいたします。

■実績(2016年3月現在)

実績数値は、特定非営利活動法人「スクール・エイド・ジャパン」、一般財団法人「School Aid Japan」、公益財団法人「School Aid Japan」の活動を合わせた内容です。
いただいた寄附金の累計額(2001年度〜2014年度) 21220163
建設した学校の合計(2001年度〜2015年度) 242
現在、SAJの学校で授業を受けている生徒の人数(2016年3月現在) 84,700
ふれあいサポートプランで文房具や制服を受け取った生徒の累計(2003年度〜2015年度) 9,698
ふれあいサポートプランで支援した文房具の数、制服の数の累計(2003年度〜2015年度) □ノート153,740
□ボールペン80,892
□制服上下9,698
SAJの建設した学校で支援されたお米の量(2006年度〜2015年度) 877,600キロ
SAJの建設した学校で支援された朝給食の食数累計(2006年度〜2015年度) 16,056,800
カンボジア孤児院のために使用された寄附金額の累計(建設時の2007年度〜2014年度) 15,1855,526
SAJ Farmの収穫量(2010年度〜2014年度) □レモングラス(生)19,252キロ
□水稲(籾)5,850キロ
<東日本大震災の復興支援関連>
SAJからボランティア派遣した人数の累計 2,531
被災地支援活動のために使った寄附金額の総額 合計 15,215499
財務大臣指定寄附・募金合計
58,699,525円
その他災害支援寄附・募金合計
93,450,974円
2012年お正月に岩手県陸前高田市に配布した「おせち料理」の合計数 5,450
2011年8月に開催された「陸前高田市復興街づくりイベント」の入場者数と出店店舗数 □入場者数
2日間のべ17,500
(8月27日7,500人、8月28日10,000人)
□出店店舗数
地元商店75
全国グルメ店27
その他10ブース

Copyright (C) School Aid Japan All Rights Reserved