School Aid Japan(SAJ)
トップページ SAJとは 支援国について 支援内容 活動内容 スタッフ報告 支援実績 SAJ概要 会計報告 寄付のお願い お問い合せ
支援内容 > 就労支援(農業)

就労支援(農業)

カンボジアの農業の中心は、雨季の雨頼みの米作です。収穫は雨量に左右されます。収穫したコメの大部分はタイやヴェトナムの業者に安い値段で買われます。「労働はきつい、収入は少ない」現状に、若者の農業離れが進んでいます。
農業支えているのは「父・母・祖父母」が主体の手作業による米作です。
そんなカンボジア農業の実態を鑑みて「儲かる農業」はないか?「儲かる農業」を見つけて「カンボジアの農家をもっと豊かにしたい。」「カンボジアの若者を農業に戻したい。」そんな思いから、コンポンチュナン州に13haの土地を購入しSAJFarmを作りました。

米の2期作・野菜づくり等の失敗を経て、レモングラスを栽培し、レモングラスティを作りました。これもあまり売れませんでした。次にカンボジアの高級ホテルで使われているレモングラスオイルに着目しました。日本で蒸留器を製造し、SAJFarmに設置しオイルの蒸留を始めました。これはカンボジアと日本での販売の目途が立ちました。

まずSAJFarmで栽培し、近隣の農家の方に栽培と蒸留法の講習会を実施して農家の方の収入増に役立つか、試験的に行います。更に沢山のレモングラスオイルが売れる目途が立てば、カンボジア全土の若者にラジオで呼びかけ、SAJFarmで講習会を実施する計画です。SAJFarmは講習所としての本来の目的を果たすことになります。現在SAJFarmでは8人のカンボジア人の若者を雇用していますが、「儲かる農業」が実現すれば、カンボジアの若者が農業に戻り、何千人もの雇用が増える予定です。
レモングラスオイルの収益は、講習所の宿舎や教室の建設費や設備費、講習生の食事代に充てます。
  SAJ Farm

画像1

画像2

画像3
Copyright (C) School Aid Japan All Rights Reserved